スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜勤帯想定避難訓練(12/5)

 今年2回目の夜勤帯想定の訓練でした。福岡の医院火災後、医療施設の防火体制が色々問題になっています。
今回は夜勤帯の行動パターンを考える、防火設備(排煙窓)の使用方法、通報から消防隊到着までの時間を5分と想定し避難誘導がどこまでできるか訓練しました。
 消火器を持って場所確認、初期消火、通報と迅速な行動がとれてました。排煙窓の開放もスムーズにできたと思います。排煙窓は火災時に常に開放するのではなく煙の状況により開放するということを(一時的な避難経路確保のため)各職員理解できたと思います。
避難誘導は実際に数人の患者さに協力してもらいました。移動レベルの異なる患者さんが避難するので避難時に接触したり色々問題点も確認できました。
 訓練を繰り返すことでいざという時に体が自然に動いたり、状況判断が出来たりすると思います。
夜勤帯想定の訓練を重ねる事で色々な問題点が分かってきました。病院全体で夜勤帯の訓練を共有することで防火意識も高まると思います。今回の問題点を改善し夜勤帯の防火対策を高めていきたいと思います。火の用心!!

リハビリ室から出火!! 初期消火!!!

排煙窓開放

院内放送「火事です!!・・」

職員が患者さん役で避難誘導中です

リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
瞬間視力でドン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。